【MHW】クシャルダオラ攻略 立ち回りのコツ・オススメ装備などを紹介

いつもお世話になっておりまーす、ナビ子です。

風を纏ったり竜巻を起こしたり、厄介な行動に手を焼く方も多いと思います。
ここでは、クシャルダオラ戦での立ち回り方やオススメの装備・スキルなど、初心者の方にはもちろん、ベテランの方にも役に立つ情報をご紹介します。

基本立ち回り

剣士の場合、クシャルダオラの纏う風の影響を受けない距離を保ちながら、側面や前足付近に位置取り、頭を狙うようにします。
近づくと風圧を受けて動けなくなってしまいますが、頭や尻尾は風圧を受けずに攻撃することができます。
また、頭にダメージを蓄積することでダウンを取ることができ、一時的に纏う風を無効化できます。

ガンナーの場合、突進や飛びかかりで距離を詰められないように注意しながら、側面に位置取り、頭を狙うようにします。
剣士ほど纏う風を気にすることはありませんが、距離を詰められたときに風圧を受けたり、ブレスの風圧で動けなくなってしまうことがあるので気を付けましょう。
また、纏う風が大きくなることで矢や弾による攻撃が効かなくなってしまうので、龍封力を持つ武器でひるませるか、頭を狙ってダウンさせることが重要です。

剣士・ガンナー共に、クシャルダオラの起こす竜巻の位置に気を付けながら立ち回りましょう。特に、狭いエリアや入り組んだ場所では、行動範囲を制限されるため注意です。

要注意攻撃

特大ブレス

特大ブレスの予備動作です。

クシャルダオラが繰り出す中で最も威力の高い攻撃です。
上体を大きく起こし、息を吸い込み一気に吐き出します。
予備動作中に画面全体が振動するため、目視していなくてもわかりやすいです。
クシャルダオラのブレスは範囲が見えづらく、当たり判定が見た目以上に大きいため、少し多めに距離を取るようにしましょう。回避しても風圧を受けてしまうため、追撃に注意しましょう。

竜巻

怒り時の竜巻です。

身を低くかがめた後に、旋回しながら宙に舞い上がり竜巻を起こします。
竜巻の中に入ってしまうとダメージを受け、近づくと風圧で動けなくなってしまいます。
攻撃などで竜巻の中に飛ばされてしまうと、連続でダメージを受けて力尽きてしまうため注意が必要です。
通常時と怒り時では竜巻の大きさが異なります。

龍結晶の地・エリア4。赤丸の部分に発生します。

龍結晶の地のエリア4は特別で、クシャルダオラの怒りに呼応して、上の画像の3か所からも竜巻が噴出します。
かなり移動範囲が狭まるため厄介です。クシャルダオラが起こした竜巻同様に風圧・ダメージ判定があります。

竜巻対策

竜巻は、クシャルダオラがダウン、またはスタンすることで消滅します。
また、竜巻を起こした後はそのまま空中に留まるので、閃光玉を使って地上に引きずり下ろすことで攻撃のチャンスを生むことができます。
剣士の場合、竜巻を起こした後すぐに落としてしまうと、竜巻の風圧で近づくことができなくなったり、逆にダメージを受けてしまうことがあるため注意しましょう。

咆哮(短)

私が一番厄介だと思っている行動です。
怒り状態に移行する時の咆哮と違い、短いモーションで咆哮を行うことがあります。
モーションは短いですが、判定は咆哮【大】なので、ハンター側はかなりの間身動きが取れない状態になってしまいます。予備動作もわかりにくく、体を左右に揺らしながら上体を起こし咆哮します。
これはスキル「回避性能」を発動していない状態でも回避することができますが、慣れるまではクシャルダオラの正面を避けるように立ち回り、できるだけ次の行動へ移る時間を延ばすことが重要です。

風圧対策

クシャルダオラの纏う風は、非怒り時は風圧【小】、怒り時は風圧【大】となっており、風圧【大】はかなりの間身動きが取れなくなってしまうため非常に危険です。
スキル「風圧耐性」Lv5か、「鋼龍の飛翔」を発動することで無効化できます。
ダウンかスタンさせる、または龍封力を持つ武器で攻撃してひるませることで一時的に無効化することも可能です。また、「不動の装衣」を着ている間は風圧の影響を受けません。
スキルの発動が難しい場合は、風圧の影響が届かない頭や尻尾を攻撃するように立ち回りましょう。

おすすめスキル・装備

スキル

風圧耐性・・・風や竜巻の影響を軽減、または無効化します。

鋼龍の飛翔・・・風や竜巻の影響を無効化します。

耳栓・・・咆哮の影響を軽減、または無効化します。

装備

●防具・・・上で挙げたスキルを持つもの。オススメはリオハート、リオソウル、インゴット、バゼル、クシャナ。

●武器・・・弱点の雷属性か龍属性を持つものや毒属性を持つもの、または龍封力を持つもの。オススメはネルギガンテ、キリン、リオレイア、プケプケ。

●護石・・・上で挙げたスキルを持つもの。オススメは防風の護石、耳栓の護石。

まとめ

クシャルダオラは、こちらの行動を制限する攻撃が多いため、慣れるまではかなり戦いづらいモンスターだと思います。
逆に、しっかり対策をして挑むことで楽に狩れるモンスターでもあると思うので、いかにこちらのペースに持ち込めるかが重要だと思われます。
特に、空中から地上に引きずり下ろしたときは大きな隙が生まれるので、スリンガー閃光弾は調合素材分も持ち込むといいでしょう。

ご覧頂いた方、ありがとうございました!それでは、失礼しまーす。

こちらもおすすめ!

【MHW】テオ・テスカトル攻略 立ち回りのコツ・オススメ装備などを紹介

2018.02.20

ABOUTこの記事をかいた人

ブログナビゲーターのナビ子です。
ゲームだけして不労所得で生きていきたいです。
FPS女子はモテるって聞きました!ホントですか!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。