手順通りでWordmoveを簡単インストール。同期実行編

いつもお世話になっております、紳士です。

前回までの工程でロリポップサーバーへsshで接続する設定まで完了しました。あとは数点コマンドを実行するだけで、ローカル環境とサーバー環境の同期ができちゃいます☆

紳士
カタカタッ…ターン!ってやってもええんやで

同期コマンド実行の準備

Cygwinを起動してからWordmove実行までに毎回必要な手順です。以下の順にコマンドを実行していきます。

Cygwinの起動

管理者として実行します。

仮想マシンを起動

  • ディレクトリの移動コマンドを入力。
    フォルダのパスはVCCWのパスを指定。僕の場合は以下のようになります。

  • 仮想マシンの起動コマンドを入力。
    初回よりは早く起動するようになります。ちょっとだけ時間かかる感じ。

 

ssh接続の準備

以下のコマンドを順に実行します。

いずれも一度入力してしまえば、コマンドのログが残りますので、キーボードの↑↓を押すことでショートカットできます☆

Wordmoveの実行

大きく以下2種類のコマンドがありますので、状況よって使い分けるのが良いと思います。

サーバーのデータをローカルに反映

ローカルのデータをサーバーに反映

これでローカル環境とサーバー環境の同期がすぐできるようになりました。やったね。

僕の場合は以下の感じで運営してみてます。

  • サーバーに記事を投稿したら「wordmove pull -all」
  • ローカルでCSS等のサイトカスタマイズをしたら「wordmove push -all」

細かく見るとパスワードがsite.ymlに書かれてるのでセキュアになりきってない等々あるのかもしれませんが、ひとまずはこれで運営がぐっと楽になると思います!

紳士
まじで神ツール

ご覧頂いた方、ありがとうございました。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

ABOUTこの記事をかいた人

2017年までゲーム業界でデザイナー/ディレクター/プロデューサーという社畜してました。
マジで楽がしたいので脱社畜を目指してます。
ゲームはあまりうまくないですが、大好きなので優しくしてくださいね☆
紳士歴15年/豆腐メンタル/Destiny大好き
代表作:ネットハイP兼雑用/閃乱カグラほか高木P作品雑用/幕末Rock雑用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。